グーグルが大規模障害の原因など説明 – ZDNet Japan

グーグルが大規模障害の原因など説明  ZDNet Japan

Googleは、米国時間6月2日に発生した大規模障害についての詳しい情報を一部明らかにした。この障害では、米国東部などで「Google Cloud」を利用する大手IT企業が提供するサービスや、「YouTube」「Gmail」「Google検索」「G Suite」「Google Drive」「Google Docs」などの同社が提供するサービスが影響を受けた。 Googleのエンジニアリング担当バイスプレジデントBenjamin Treynor Sloss氏はブログ記事を公開し、同日に発生した障害の根本的な原因は、特定のリージョンの小規模なサーバーグループに適用するはずだった設定の変更が、誤っていくつかの隣接するリージョンの多数のサーバーにも適用されてしまったことだったと説明した。 この誤りによって、これらのリージョンでは、本来利用できるネットワーク容量の半分以上を使用しない状態になった。 影響はYouTubeなどの広帯域を必要とするプラットフォームでは大きかったが、Google検索などの帯域をそれほど必要としないサービスでは、遅延の増加は小さかった。 「全体としては、YouTubeは1時間で視聴が2.5%減少し、Google Cloud Storageサービスではトラフィック量が30%減少した」とSloss氏は述べている。 「Gmailのアクティブユーザーでアカウントに問題が...