「十五の私は三十の私がもっと大人だと、もっと幸せだと、思っていた」 – カンフェティ

「十五の私は三十の私がもっと大人だと、もっと幸せだと、思っていた」  カンフェティ

次世代の演劇界を担う人材と、新たなスタイルの演劇にチャレンジしている神保町花月。9月26日より上演する『三十と十五の私』は、〈学生の中絶〉をテーマに劇団張ち切れ ...