【ルマン24時間】決勝2週前の現地テストデーでトヨタ勢が1-2タイム…連覇に向け着々と走行 – レスポンス

【ルマン24時間】決勝2週前の現地テストデーでトヨタ勢が1-2タイム…連覇に向け着々と走行  レスポンス

2019年ルマン24時間レース(6月15~16日決勝)に向けての現地テストデーが6月2日にあり、昨年の悲願の初制覇に続く2年連続総合優勝を目指すトヨタ勢が着々と準備を進めた。ベストタイム順位では中嶋一貴組が1位、小林可夢偉組が2位。 今年のルマン24時間レースは、都合1年半に渡る「世界耐久選手権(WEC)2018/2019シーズン」の最終戦(第8戦)という位置づけにもなる。現行WECでルマンがシーズン最終戦になるのは今回が初めて。そして、ひとつのシーズンに2回のルマン(18年大会と19年大会)が入るのは年跨ぎ制シーズンへの移行初季となった今季がおそらく最初で最後という異例の状況だが、その“2度目のルマン”がいよいよ目前に迫ってきた。 恒例ともいえる決勝およそ2週前の現地サルト・サーキット(1周13km超)でのテストデーに、TOYOTA GAZOO RacingはLMP1クラスマシン「TS050 HYBRID」2台をスタンバイ。昨年のルマン優勝クルーである8号車の中嶋一貴/F.アロンソ/S.ブエミ、そして昨年2位の7号車クルー、小林可夢偉/M.コンウェイ/J-M.ロペスがルマン本戦での予選~決勝に向けた準備を進めた。 また、アロンソが抜ける2019/2020シーズンにトヨタ入りすることが決まっているB.ハートレーも今回のテストデーに参加。ハートレーはかつてポルシェのLMP1チー...