読売新聞菜那、驚異のラストスパート…最後の直線で爆発読売新聞平昌五輪第16日の24日、スピードスケートの新種目、女子マススタートで今大会2個目の金メダルを獲得した、高木菜那(日本電産サンキョー)。 16周で争うレースで、12周まではエストニア選手が1人抜き出て、高木菜は第2グループの後方で我慢した。 残り3周でエストニア選手を吸収すると、3番手の好位置をキ ...and more »...